平均一戸建て坪数で家の価格がわかる?

平均一戸建て坪数で家の価格がわかる?

 

一戸建ての坪数で家の価格がわかるのか?という疑問ありませんか。

 

一戸建て坪数

 

 

家を売る場合、大きな違いとしては
その家が木造建築なのか
または鉄筋建築なのか、
または木造鉄筋構造なのかによっても
価格が変わるとされていることが多いようです。

 

 

あとは土地部分ですね。建物の価値は年数とともに落ちてくるのですが
土地は残るので価格は土地価格指数によって変動しますが、
それほど大きく値下がりするわけではありません。

 

 

たとえば日本の平均一戸建て坪数ですが、20坪~40坪が中心です。
わかりやすく例えると、1坪の単価が1万円だとしたら、それを坪数にかけるとおよその土地代がでます。

 

40坪×1万円=40万円

 

 

では、建物はどのような価格がつくのでしょうか?
建物の場合、建売で作られたものと受注で立てられたものがありますが、
年数が経てば劣化してきますし、耐久性などもあります。
木造よりも鉄筋の場合は多少価値が高くなるといわれています。

 

また一戸建てとマンションであれば一戸建ての方が高く売れることが多いです。

 

高く売れるとすれば不動産の力がどれくらいあるかも影響してくると思います。

 

もしも家を売る予定であったり、もう誰も住んでいない不要な家をを売る場合は、
不動産業者の比較査定サイトで価格を調べましょう。

 

不動産業者によってもいうことが異なりますので、
平均値を知るためにも複数の業者と比較して判断するほうが失敗ありません。
いろんな考え方もありますし、売れる力を持っている不動産はやはり心強いですね。